適応型リアルタイム非侵襲性神経人工装具

概要

人工装具/神経補綴は、神経障害に苦しむ人々の生活の質を大きく向上させることができる。これらのデバイスは、治療ソリューションとして広く普及している(パーキンソン病、網膜インプラント、歩行リハビリテーション、四肢義足の感覚フィードバックの回復、乳房の膨満感や触覚など)。 しかし、異なる感覚入力を組み合わせて複雑なタスクを正確に実行する生体エージェントとは異なり、ほとんどの義肢やニューロロボティクスアームは単一感覚入力を使用しており、その精度に影響を及ぼしています。そのため、義手の豊富な感覚運動機能を理解することは、現代の科学と工学における課題の1つであり続けています。

このプロジェクトでは、感覚運動統合とフィードバックセンシングを備えたAIzuHandと名付けられた先進的なリアルタイム神経型義手について研究しています。私たちは、神経障害や切断を受けた人々の動きを回復するために、義肢を制御するためのソリューションを開発することを目指します。

詳しくはこちらをご覧ください。