AIzuHand: 適応型リアルタイム非侵襲的ニューロモルフィック神経人工手

概要

プロテーゼ/神経プロテーゼは、神経障害を持つ人々の生活の質を大幅に改善することができます。 これらのデバイスは、広範な治療ソリューションになりつつあります (つまり、パーキンソン病、網膜インプラント、歩行リハビリテーション、義肢の感覚フィードバックの回復、乳房充血または触診など)。 ただし、さまざまな感覚入力を組み合わせて複雑なタスクを正確に実行する生きているエージェントとは異なり、ほとんどの義肢および擬人化されたロボットアームは、精度に影響を与える単一感覚入力を使用します。 しかし、それらはその制御アプローチにより、電力に制約のあるデバイスです。

このプロジェクトでは、感覚運動の統合とフィードバック センシングを備えた高度なリアルタイムで電力効率の高いニューロモルフィック義手 AIzuHand を調査します。 私たちは、義肢を制御して、神経障害や切断を受けた人々の動きを回復させるためのソリューションを開発することを目指しています。。

詳しくはこちらをご覧ください。