プログラムの特徴

プログラムの中核となる「プロジェクト開発アリーナ」では、社会のニーズに基づいた研究開発を行うため、具体的なユーザー(顧客)の目的や要件を明確にしてプロジェクトに取り組んでいきます。2年間を4つのアリーナに区切って活動するため、反復を通して成果を段階的に改良、改善していくことが可能です。

プロジェクトのテーマは、研究色の強い課題も開発色の強い課題も設定可能で、研究室や分野の枠を越えて協働して取り組めることも、このプログラムの特徴です。

本専攻では、問題解決のためのテクニカルスキルの向上に加え、チームワークを通した人間関係をマネージするスキル向上のための教育にも重点を置いています。また、教員の講義、学生のプレゼンテーションに英語を使用するのも、教育の特徴の一つです。

PMfeature1.png

カリキュラム (2023年度入学者~)

カリキュラムの構成は以下の通りです。

情報技術・プロジェクトマネジメント専攻(PM

修了単位:40単位以上 必修

専門科目
(16単位以上)
セミナー科目
(10単位以上)
プロジェクト開発アリーナ
(14単位)
ファンダメンタルコア科目
(4単位以上)
アプリケーションコア科目
(4単位以上)

・アドバンス科目
PM研究セミナー(2単位)             教育セミナー(2単位)              カンファレンスプレゼンテーション(2単位)
・Teaセミナー(2単位)
・コンテスト(2単位)
創造工房セミナー(2単位)
投稿論文執筆セミナー(2単位)
ICTグローバルベンチャー工房(2単位)
プロジェクト開発アリーナ
(アリーナI~III ...各3単位, アリーナIV...5単位)

※学生2~4名がチームを組みプロジェクトを実践。チームの活動は、半期ごとに提出するプロジェクトの経過/成果をまとめたテクニカルレポートで評価される。アリーナIVでは、I~Ⅳの成果全体が審査され、修了となる。

プロジェクト開発アリーナにおける審査の手続きについて

※修了時にはプログラム修了証Certificate of Honorを授与

☆2022年度入学者用プロジェクトリスト

☆2023年度入学者用実施予定プロジェクトリスト

PMfeature3.png

プログラムでの学び

PMfeature3.png