ベンチャー体験工房9
「快風」「快麗」健康ビッグデータ基盤の構築
浴槽とトイレを利用した日常の生体データを長期に亘って蓄積するIoT要素技術とシステム「快風」「快麗」の開発を目指す。
AI、Big Data、MATLAB、IoT、マイコンなど最新技術を組み合わせ、チームワークで日常健康管理に役立つものづくりをアイディア出しから実装まで、生体医用情報工学関連の基礎知識と応用実技を学びながら、生体信号の特有な処理・解析手法を用い、アルゴリズム(雑音除去、特徴点検出、健康状態変動解析など)を開発する。シラバス詳細

2022年4月

4月11日
授業内容:学生は自己紹介をします。先生はベンチャー体験工房の活動内容とスケジュールを説明します。ベンチャー体験工房の実験・データ収集場所を見学します。

3.jpg

4月18日
授業内容:学生はグループ分けを行い、工房活動を始めます。心電図信号収集システムを構築します。実験装置が正常に接続されているかどうかをテストします。信号発生器を使用して、心電図信号収集システムをテストします。

1.jpg

4月25日
授業内容:自身の心電図信号を収集します。安静時の心電図データを計測します。そのあと、マスターステップを使って、運動中心電図の収集を試しました。

2.jpg