コンピュータ通信研究所(CCL)(※1)の研究者が発表した論文が、2022年IEEE 9th International Conference on Communications and Electronics(IEEE ICCE)(※2)において、Best Paper Awardを受賞しました。

9th IEEE ICCE 2022は、ベトナムを代表する3つの工学機関、ハノイ科学技術大学、ホーチミン科学技術大学、ダナン科学技術大学が主催する、通信・電子工学分野の研究者、専門家、企業が最先端の研究成果を交換・共有するための権威あるイベントです。2022727日から29日までの3日間、ニャチャン市で開催されるこの会議では、世界的な研究者による刺激的な基調講演、技術セッション、チュートリアル、ワークショップが予定されています。

 受賞論文「Aerial IRS-Aided Vertical Backhaul FSO Networks over Fisher-Snedecor F Turbulence Channels」は、自由空間光学(FSO)ベースの高高度プラットフォーム(HAP)アシストバックホールネットワークにおいて、雲の影響によりFSO接続が遮断されることがあるという重大な懸念に対処するものです。本研究では、インテリジェント・リフレクティング・サーフェス(IRS)を搭載した複数の無人航空機(UAV)を使用する新しいソリューションを検討します。これらのUAVは、HAPから地上基地局(BS)へのFSOリンクを多様化するために配備され、雲に覆われないようにします。このソリューションは、5Gおよび将来の6GモバイルネットワークにおけるFSOのアプリケーションを強化することができます。本研究は、日本学術振興会科研費21K11870のプロジェクトの一環であり、CCLAnh T. Pham教授が主導しています。

 筆頭著者のHoang Le博士研究員は、2016年にベトナムのハノイ科学技術大学(HUST)で電子通信学の学士号を、2018年と2021年に日本の会津大学(UoA)でコンピュータ理工学の修士号と博士号をそれぞれ取得した人物である。現在の研究テーマは、光ワイヤレスネットワークのクロスレイヤー設計、衛星/車両ネットワークのためのハイブリッド光学/無線周波数(RF)、量子暗号、エラー制御プロトコル、インテリジェント・リフレクティング・サーフェス(IRS)、人工知能/機械学習(AIML)です。Hoang Leさんは、本賞以外にも、2018 KICS/IEEE ICTC Best Paper Award2019 IEEE VTS Tokyo Chapter Young Researcher Encouragement Award2019 IEEE ComSoc Sendai Chapter Student Excellent Research AwardYoung Researcher to participate in the 9th Heidelberg Laureate Forum 2022などの賞を受賞しています。また、日本データコム財団、ハイデルベルク・ローレイト・フォーラム、みずほ信託銀行、日本電気通信普及財団から複数の研究支援/渡航助成を受けました。

 Hoang Leさんのコメント 「会津大学で博士研究員として1年間頑張ってきた結果、最優秀論文賞を受賞することができ、大変光栄に思っています。会津大学での5年間の研究生活の中で、2度目の最優秀論文賞受賞となりました。まず、この場をお借りして、指導教官であるAnh T. Pham教授のご支援と激励がなければ、このような成果を得ることはできなかったと深く感謝申し上げます。また、共著者のThang V. Nguyenさんには、この論文に多大な貢献をしていただき、感謝しています。最後に、私が研究に専念でき、このような素晴らしい成果を得る機会を与えてくれた研究費と環境を提供してくれた会津大学に、心から感謝します。この賞は、私の今後のキャリアを後押しし、モチベーションを高めてくれるものと信じています。」

Hoang with Award.jpeg

Best_Paper_Award_ICCE_2022.jpeg

(1) UoA, Computer Communications Lab (CCL): http://www.u-aizu.ac.jp/labs/ce-cc/
(2) 2022 IEEE 9th International Conference on Communications and Electronics: https://ieee-icce.org