会津大学 SDGs 宣言(学長メッセージ)
The University of Aizu SDGs Declaration (President's Message)

SDGs ロゴ

宮崎 敏明

21 世紀に入り、世界を取り巻く環境は大きく変化してきています。気候変動や格差問題、感染症対策など地球規模の課題が顕在化・深刻化する一方で、ビジネスや私たちの暮らしにもグローバル化の著しい進展が見られるようになりました。また、情報通信技術(ICT)の領域でも AI や IoT などの新しい技術が開発され、それらを活用した新し い社会のあり方が模索されています。

このような中にあって、2015年、国連で「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。SDGsは、私たちを取り巻く経済・社会・環境に関する課題に対して、地球上のすべての人や組織が関わりながら、統合的視点で取り組んでいこうという目標です。

この目標は私たち会津大学の建学の理念と密接に関係しています。

会津大学は 1993年に「to Advance Knowledge for Humanity」(人類の平和と繁栄のた めに発明・発見を行うこと)を建学の理念として開学し、これまでコンピュータ理工学の分野で国際社会をリードする研究開発・教育を行ってきました。

会津大学が掲げる Humanity(人類の平和と繁栄)は持続可能な社会を目指すものです。SDGsでは、あらゆる知や力を動員して私たちの社会を持続可能なものとする取組みが求められていますが、会津大学が探求し続けるコンピュータ理工学は、それを実現する大きなポテンシャルを持っています。

私たち会津大学は、建学の理念を踏まえ、福島県や地域社会、民間企業などとの連携、さらにはグローバルな研究ネットワークにより得られる最先端のコンピュータ理工学の知を活用して、SDGsの達成に貢献してまいります。

2022年4月1日
会津大学 学長 宮崎 敏明


In the 21st century, the environment surrounding the world has changed drastically. While global issues such as climate change, disparity, and infectious disease control have become apparent and serious, business and our lives have also seen remarkable progress in globalization. Also, in the field of information and communication technology (ICT), new technologies such as AI and IoT have been developed, and new societies that utilize them are being sought.

Under these circumstances, the United Nations adopted the Sustainable Development Goals (SDGs) in 2015. In the SDGs, we tackle the economic, social, and environmental issues that surround us from an integrated perspective, with all people and organizations.

This goal is closely related to the founding philosophy of the University of Aizu.

The University of Aizu has been established in 1993 with the founding philosophy of "to Advance Knowledge for Humanity". In this sense, we have been conducting leading and most advanced research and education.

The "Humanity" in our founding philosophy aims for a sustainable society. The SDGs require us to strive to create a sustainable society by mobilizing all knowledge and power. The computer science that the University of Aizu continues to explore has great potential to realize it.

Based on our founding philosophy, we utilize our cutting-edge knowledge of computer science and engineering obtained through collaboration with Fukushima Prefecture, local communities, private companies, as well as our global research network. We promise to contribute to the achievement of the SDGs.

April 1, 2022
MIYAZAKI Toshiaki, President of the University of Aizu