【課題提出上の注意事項】

課題の解答ファイルは提出用コマンドを実行することにより提出してもらいます。 提出コマンドはディレクトリチェックと同じmenuコマンドから選びます。 以下のように実行し、表示されるメッセージに従って操作してください。
% ~prog1/bin/menu
提出ファイルは ~/Prog1/Ex## ディレクトリに、指定されたファイル名で 置かれているものとして処理しています。提出が正常に行なわれた ファイルにはが表示され、できなかったものは×が 表示されます。

提出可能な時期は以下のようになっています。A問題の締切りに注意して下さい。 演習終了時刻はC1C2クラスは15:00、C3C4クラスは12:30、C5C6クラスは16:50です。
問題提出開始可能時期提出締切り
A問題授業日の一週間前演習終了時刻
A問題以外授業日の一週間前授業6日後の午後9時
それぞれ締切後は提出できなくなります。 締切前であれば何度でも提出のやり直しができますが、 提出ファイルを誤って書き換えて再提出すると、以前提出したものは 上書きされてしまうので、注意して下さい。

なお、emacsにおいて、ファイル名の指定時にスペース(空白)や 表示されない文字が入ってしまうと、 そのファイルは通常の操作では扱えなくなる場合がありますので、注意して下さい。 特にファイル名をホームページよりコピー&ペーストすると起こりやすくなります。