協定大学との1+1プログラム(会津大学デュアル・ディグリー・プログラム)

1. 1+1プログラムとは?

  • 本学とデュアルディグリープログラムパートナー大学から、双方の課程において、単位互換と論文の共同指導等を基に、それぞれの大学から学位を授与します。
  • 協定大学の大学院を1年で履修し、本学の大学院博士課程2年に進学、2年間の課程を修了します。

img_1_1.gif

2. 利点

学生にとって

  1. 異文化の経験ができます。
  2. 勉学対象の選択肢が広がります。
  3. 個別に両大学の課程を修了するよりも、修了に要する費用の低減、期間短縮がなされます。
  4. キャリアの選択肢が広がります。企業・研究機関での就職に有利になります。現在のグローバル化の環境において、外国での勉学と生活は、企業・研究機関に評価される経験です。特に、外国人学生にとって日本での経験は魅力的です。(仕組みとしてインターンとの組合せなどが推進要素)
  5. 大学間協定に基づくプログラムのため、通常の留学と比べて安心感があり、手続きも容易です。

大学にとって

  1. 国際的人材の養成機関としてのプロファイル向上による大学の認知度、競争力、受験生へのアピールが向上します。
  2. コース相互受講などパートナー校との相補性が得られます。
  3. 指導教員を通じた両大学の研究交流が促進されます。
  4. 優秀な院生により研究が活性化します。
  5. 両地域の交流が促進されます。

3. 募集定員

募集定員は若干名とします。

このページの先頭へ