メッセージ

会津大学国際戦略室へようこそ!

会津大学は、建学精神の柱に国際化を掲げ開学以来多くの国際化施策を実施してきました。 大学の国際化施策の中核を担うため、平成17年度に 文部科学省「大学国際戦略本部強化事業」に公立大学としては 唯一の採択を受け、国際戦略本部が設置されました。平成26年度に文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」 に採択され、グローバル推進本部国際戦略室として、さらなる国際化及び国際交流を展開していきます。

国際戦略室では、会津大学の建学の理念「to Advance Knowledge for Humanity」の推進のため、研究・教育の両面で国際交流を図ります。 また、国際的な教育研究の拠点として、優れた人材の育成と独創的な研究を通して国際社会と地域社会へ貢献し、 「地域から世界へ、世界から地域へ」(local to global, global to local)の実現を目指します。

活動要旨

国際戦略室では、国際活動の基本を「会津大学国際戦略の指針」として制定し、以下の4つを基本的な国際戦略として推進します。

4つの国際戦略

主な具体的活動の概要は、次のとおりです。

  • 海外大学との交流協定の締結
  • デュアルディグリープログラム(DDP)、国際単位互換制度等による学生交流、国際共同研究の支援
  • 国際学術会議等の開催・支援
  • アドバイザリーボード委員会による実施施策の評価、検討
  • 留学生の生活支援、日本語教室の開催等、外国人サポーティング体制の確保
  • 外国人教員等の情報発信基盤としアラムナイ・ネットワークの整備