留学生のためのFAQ

奨学金について
アパート・寮について
健康保険について
在留資格等について
  • 新しい在留管理制度については、こちら を参照してください。
  • 日本を離れる前のチェックリストについては、こちら を参照してください。
銀行・郵便局の口座開設について
日常生活について

奨学金について

奨学金にはどのような種類がありますか。

奨学金には、国費奨学金と私費奨学金があります。

本学の学生が申請できる奨学金については、こちら を参照してください。

アパート・寮について

大学には寮がありますか。

留学生がすぐに会津で学生生活ができるように、短期滞在型の寮があります。寮費は一月1万円~1.5万円ですが、半年以内に民間のアパート等を見つけて退寮しなければなりません。

アパートはどうやって探せばいいですか。

学生課でアパート情報を見ることはできますが、斡旋はしていません。外国人教員等相談員などに相談してください。

住居には、民間アパートと公営住宅(県営や市営)があります。日本ではいずれの住居も、入居時に(日本人の)保証人が必要です。民間アパートに入る時は、敷金と礼金も払わなければなりません。公営住宅の場合は敷金のみですが、同居する家族がいないと申込みできません。

留学生住宅総合補償制度とは、どういうものですか。

留学生住宅総合補償制度とは、留学生がアパート等へ入居する際に保証人を探す困難さと保証人の精神的・経済的負担を軽減し、留学生のアパート等への円滑な入居を支援することを目的として平成11年3月に発足しました。この制度は、住宅総合保険と保証人補償基金を組み合わせたもので、留学生がアパートの失火等で家主等に対して損害賠償をしなければならない場合や、家賃の未払い等により保証人が家主から保証責務の履行請求を受けた場合に補償を行なうものです。

詳しくは、こちらをご参照ください。

日本のアパートについて特に注意することはありますか。

日本の寮やアパートなどの賃貸契約制度では、契約者本人以外の人が宿泊することを禁じているのが普通です。従って、大家さんに断りなしに友人の宿舎に滞在したり、また自分の宿舎に友人や家族を滞在させたりすると問題になることがあります。必ず事前に大家さんに相談しましょう。

健康保険について

学生のための医療保険はありますか。

「留学」資格を持っている外国人は、国民健康保険に加入することができます。国民健康保険に加入することにより、医療費にかかる負担が実費の30%ですみます。

国民健康保険にはどうやって加入するのですか。

申請は市役所の国保年金課で行います。その際、パスポートまたは在留カードと印鑑が必要になります。学生で収入のない人は、年額約14,000円の保険料で加入できます。

銀行・郵便局の口座開設について

銀行で口座を開きたいのですが。

銀行で新しく口座を開くには、

  • パスポート
  • 外国人登録記載事項証明書の原本を提示しコピーを提出
  • 印鑑

が必要です。銀行の窓口で申込用紙に記入して申し込みます。キャッシュカードも同時に申し込めます。(銀行の窓口の営業時間は、平日の午前9時から午後3時までです。)

郵便局で口座を開きたいのですが。

郵便局で新しく口座を開くには、

  • パスポート
  • 在留カード
  • 印鑑

が必要です。郵便局の窓口で申込用紙に記入して申し込みます。キャッシュカードも同時に申し込めます。(郵便局の貯金業務窓口の営業時間は、平日の午前9時から午後4時までです。)

日常生活について

ゴミの分別はどうやるのですか。

ゴミの分別は、市町村によって少し違いがあります。

会津若松市のゴミは、次の4種類に分別しています。

  1. 燃えるゴミ
  2. 燃えないゴミ
  3. 資源ゴミ
  4. 粗大ゴミ

種類によって収集日が違いますので、間違えないようにしてください。

1-3のゴミは、収集日の当日、朝8時30分までにそれぞれのゴミステーションへ、決められた袋(炭酸カルシウム25%以上含有の袋、スーパーの同様の袋も可)にいれて出してください。詳しくは、こちら(会津若松市の英文ホームページ)をご参照ください。

粗大ゴミはどうやって捨てたらいいのですか。

会津若松市役所廃棄物対策課(電話27-3961)に、収集日の前日までに電話で連絡し、収集日に家の前に出しておいてください。粗大ごみ・リサイクル品は、1回の収集につき3点までにお願いします。

税金の申告について教えてください。

アルバイト等で収入のある人は、毎年2月16日から3月15日の間に住んでいる場所の税務署に確定申告をしてください。1年間の総収入に対して支払った税金が多い場合は、還付されます。収入がない人も、同期間に市役所税務課市民税係で「簡易申告」をしてください。簡易申告は郵送でも可能です。これにより、国民健康保険の保険料が減額されます。

運転・交通ルール

  • 無免許運転や飲酒運転は絶対やめましょう。
  • 速度制限を厳守しましょう。
  • バイクで走行中はヘルメットを必ず着用しましょう。
  • 自転車、50ccバイクの2人乗りはやめましょう。
  • 自動車、バイク、自転車は指定の場所に止めましょう。
  • 交通事故にあったら110番、保険会社、大学(学生支援係:0242-37-2515)に連絡しましょう。

【関連リンク】 ・ 運転免許証、交通ルールなどについて(こちら)   ・ 交通安全ガイド(英語中国語韓国語ポルトガル語