会津大学の様々な特長・特色をわかりやすく感じて頂くために、図やグラフで表現しました。

大学概要

全国から集まる会津大学生!

在学生の半数以上が県外出身者。海外からも集まっています。共に学ぶ仲間を通じて、文化や環境の違いを知り世界を広げる事ができます。

総面積は東京ドーム4.2個分!

総敷地面積は20万平方メートル!東京ドームが4個以上入る緑豊かで広大な敷地内には、十分にゆとりを持った様々な施設を備えています。

関連リンク
キャンパスマップ

学びの環境

学生数の2.5倍、約3000台のコンピュータ環境!

会津大学には全国トップクラスの台数がそろい、24時間利用な「最高のコンピュータ環境」があります。

先生との距離が近い!

会津大学の教員1人に対する学生の数は 9.5人(全国平均:20.3人*)。少人数制の授業が多く、先生との距離が近いため、密な指導を受けることができます。

(朝日新聞×河合塾共同調査 2015年度「ひらく 日本の大学」より)

国際的な教育・研究環境

約4割が外国人教員!

会津大学では優秀な人材を広く国内外に求め、それぞれの専門分野における業績を厳しく審査しています。その結果、全教員の約4割が外国籍となっています。

海外大学との共同研究も!

開学当初から国際化に取り組んでおり、これまでに交流協定を結んだ世界の大学・研究機関は69箇所に及びます。