1. 募集職名および人員:

    教授、上級准教授、准教授のいずれか1名(任期付き)

  2. 応募要件:
    1. IT分野に関する広い知識を有し、この分野における産学連携による復興支援への対応が可能なこと。
    2. 産業界において実務経験を有し、企業、地域との高いコミュニケーション能力を有すること。
    3. 産学連携に関連した実務経験を有することが望ましい。知財管理業務への補助が可能なこと。
    4. 博士の学位を有する方、取得見込みの方。又は企業等で同等の業績のある方。
    5. 国籍を問わないが、職務遂行に十分な日本語の会話と文書の読解、作成能力を有すること。
    6. 英語によるコミュニケーションの基本的能力があること(TOEICスコア630以上又は同程度)。
  3. 職務内容:

    復興支援、 事業計画・実施 、人材育成等

    1. 産業界、市場のニーズへの大学研究シーズの適用
    2. ベンチャーの起業と展開への支援
    3. 産業界、地域と大学の連携強化
    4. 震災復興支援のための産学官連携の推進
    5. 特許出願(外国出願を含む)等の知的財産に関する業務
    6. 研究に関する各種助成金の申請書作成支援
    7. 産学連携に関する教育活動の実施
    8. その他の産学連携による復興支援に関連する業務

    当教員は産学連携による復興支援に関連する業務を主とするが、研究・教育に関しても一定の範囲で活動を行うものとする。

  4. 授業担当:

    科目「ベンチャー体験工房『会津IT日新館』」において、アナリティクス、ベンチャー起業に関する授業など

    (参考)http://www.u-aizu.ac.jp/curriculum/aizuitnisshinkan/

  5. 任期:

    着任時期:2018年 4月 1日(調整可能)

    任期:着任後3年間、開始時期は調整可能
       任期満了後、更新による再任の可能性あり

  6. 勤務地:

    会津大学

  7. 給与:

    本学規程に定める給与に準ずる。

  8. 提出書類(形式自由):

    (1) 履歴書(顔写真添付。職務経歴、研究業績、産学連携活動歴を含むこと。)

    (2) 産学連携による復興支援に対する抱負と具体的な進め方について(A4判3ページ以内)

    (3) 応募者に関する照会ができる2名の方の職・氏名・連絡先(電子メールアドレス 含む)

    (4) 学位証明書(取得予定の方は取得見込証明書)

    上記を日本語及び英語で作成の上、電子メール又は郵送で提出のこと。
    応募書類は原則として返却いたしませんのでご注意ください。

  9. 提出期限:

    2018年 1月 5日(金曜日)
    電子メールは23:59必着。郵送での応募は1月5日必着とします。
    年末年始の休みを挟むため、受領の確認・返信が年明けとなる場合がありますこと、ご了承ください。

  10. 提出先:

    〒965-8580 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90
    会津大学 企画運営室 准教授 奥平 恭子
    E-mail: arc-position@u-aizu.ac.jp

  11. 選考方法:

    書類による一次選考を行います。その後、選出された方に対して、面接による二次選考を行います。なお、面接は基本的には日本語で行いますが、英語能力を確認するため、一部英語にて行います。

  12. 問合せ先:

    【応募方法や応募書類に関すること】
     〒965-8580 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90
     会津大学 企画運営室 准教授 奥平 恭子
     Tel: 0242-37-2534  E-mail: arc-position@u-aizu.ac.jp

    【職務内容に関すること】
     〒965-8580 福島県会津若松市一箕町大字鶴賀字上居合90
     会津大学 産学イノベーションセンター、復興支援センター 教授 石橋 史朗
     Tel: 0242-37-2776  E-mail: arc-position@u-aizu.ac.jp

関連記事