対象科目
ES教育セミナー
RS/C研究セミナー・カンファレンス
TS/CTeaセミナー・コンテスト

1. 教育セミナー

(1) 概要

学生が必要な関連分野の技術論文や文献を読み、知識を深めることを目的とする。学生はその文献から得た知識を発表し、それに対して質疑応答(輪講形式)を行うことで、より一層知識を深めることができる。他のアリーナの学生はもちろんのこと専攻や学年を問わず参加できるオープンな形態で実施する。

(2) 実施方法
  • 開催数: 2年間で12回を目安とする。
  • 時間割: 担当教員、ITスペシャリストコースの学生の予定を調整して設定する。調整可能な限り他のアリーナと合同で開催する。
(3) 成績評価方法

博士前期課程在学中に12回の出席及び2回の発表を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。


【参考】 教育セミナー評価票 [※学内アクセスのみ]

2. 研究セミナー/カンファレンス

(1) 概要

専門分野の研究成果に関するディスカッションを行うことにより、研究の方法論等について知識を一層深めることを目的とする。学生は研究の進捗状況を発表し、他の学生と討論をしながら、研究の幅を広げていく。また国際学会で発表することでグローバルに活躍できるITスペシャリストを目指す。研究セミナーへの出席とカンファレンスの参加の両方をもって修了要件とする。

(2) 「研究セミナー」の実施方法
  • 開催数: 2年間で12回を目安とする。
  • 時 期: 通年
  • 研究セミナーの時間割: 担当教員、ITスペシャリストコースの学生の予定を調整して設定する。可能な限り他のアリーナと合同で開催する。
(3) 「研究セミナー」の成績評価方法

博士前期課程在学中に12回の出席及び2回の発表を単位修得の要件とする。指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。
【参考】 研究セミナー評価票 [※学内アクセスのみ]

(4) 「カンファレンス」の実施方法

チームの連名、またはチームメンバー各々による論文を一編以上、国際学会会議論文集に投稿し、国際学会で発表する。発表を伴わない査読付き国際学術論文誌への掲載も可とする。

(5) 「カンファレンス」の評価方法

博士前期課程在学中に、少なくとも1回の国際学会での発表を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。ただし、やむをえず国際学会での発表に至らなかった場合、または投稿したものの採否が修了判定に間に合わない場合は、修士論文発表会と同様に、3名の審査委員を推薦し、学内での発表を行ってもよい。
【参考】 カンファレンス評価票 [※学内アクセスのみ]

3. Teaセミナー・コンテスト

(1) 概要

通常の授業の枠を超えて、学生が自由な雰囲気の中で意見交換をしながら新しい知識を学ぶことを目的とする。実施形態は、問題提起のための特別講義を企画・開催し、学生はこれらに参加して質疑応答を行うとともに、自らも共同発表をすることによって、Teaセミナーの履修とみなす。問題提起のための特別講義は、外部講師、博士前期・後期課程学生などにより、会津大学で開催する。また各種コンテストに参加し、学生各自が身に付けている知識をフルに活用し、問題の解決策を見出すことにより、自分の実力を確認することを目標とする。Teaセミナーの出席とコンテストの参加の両方をもって単位修得の要件とする。

(2) 「Teaセミナー」の実施方法

指導教員が薦めるセミナー、学内で開催されるセミナー等に積極的に参加し、質疑応答及び共同発表を行う。

(3) 「Teaセミナー」の評価方法

博士前期課程在学中に、4回以上のセミナーへの参加及び3回以上のレポートの提出を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。
【参考】 Teaセミナー評価票 [※学内アクセスのみ]

(4) 「コンテスト」の実施方法

指導教員が薦めるコンテストに積極的に参加する。

(5) 「コンテスト」の評価方法

博士前期課程在学中に、少なくとも2回のコンテストへの参加を単位修得の要件とし、指導教員が評価票に従って評価し、研究科長に提出する。
【参考】 コンテスト評価票 [※学内アクセスのみ]

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp