会津大学の教員養成の目標

会津大学の建学精神である「to Advance Knowledge for Humanity」(人類の平和と繁栄のために)の理念に基づき,先進的なコンピュータ環境を活かし、グローバルな視野,数学・情報科学の高い専門性そして教育者としての資質を備えた教員を養成する。

1. 取得できる免許状の種類

中学校教諭一種免許状 (数学)
高等学校教諭一種免許状 (数学)
高等学校教諭一種免許状 (情報)

2. 履修科目

教員免許状を取得するには、「教科に関する科目」、「教職に関する科目」から所定の単位数を修得する必要があります。

中学校一種高等学校一種
教科に関する科目 20 20
教職に関する科目 31 23
教科又は教職に関する科目 8 16
その他の科目 8 8

本学では「教科又は教職に関する科目」を開講していないので、「教科に関する科目」と「教職に関する科目」の合計が中学校一種、高等学校一種とも59単位以上になるように修得してください。
「教職に関する科目」は、教員となるために必要な識見を得るために開設されている教職課程専門の科目です。これらの科目は、免許状取得のために特に履修する科目であり、卒業要件に必要な単位に含まれないので、履修に当たっては間違いのないように十分注意してください。
なお、これらの科目は「教科教育法に関する科目」以外は両科目の免許状申請に共通です。また、最低修得単位数とあるのは、免許法に定める最低単位数のことであり、本学においては最低数しか開講していませんので、すべて必修です。

※履修登録の注意事項

教科教育法に関する科目については、一方の教科の単位を、他方の教科の単位に含めることはできませんので注意してください。
数学の免許を取得しようとする者については、数学科教育法1及び3、情報の免許状を取得しようとする者は情報科教育法1及び2の単位を必ず修得してください。(中学校一種の免許状を修得しようとする者は数学科教育法2の単位も必ず修得してください。)

3.養成計画

2年次
教員に求められる専門的知識・技術・態度の基礎力を修得する
授業科目:教育入門,教育心理学,生徒指導・教育相談など
3年次
教員に求められる専門的知識・技術・態度の応用力を修得とする
授業科目:教育課程論,教育方法,数学科教育法,情報科教育法など
4年次
これまで修得してきた専門的知識・技術・態度を教育実習で発揮し,実践的な力を養う
また,今後の研修課題を見いだし,それに取り組む
授業科目:教育実習,教育実習事前・事後指導,教職実践演習など

4.教育職員免許状取得の状況(平成29年3月21日現在)

免許状の種類平成26年度平成27年度平成28年度
中学校一種(数学) 14 23 12
高等学校一種(数学) 16 25 17
高等学校一種(情報) 4 11 4
中学校専修(数学) 0 0 0
高等学校専修(数学) 0 0 0
高等学校専修(情報) 0 0 0
合 計 34 59 33

5.教員への就職状況(平成29年6月1日現在)

学校種平成26年度平成27年度平成28年度
中学校 2 4 0
高等学校 3 3 2
その他 0 0 1
合 計 5 7 3

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp